So-net無料ブログ作成
検索選択

靖国神社 安倍晋三首相の参拝理由は何? 海外の反応は?

スポンサードリンク

2013年12月26日、この日は安倍晋三内閣総理大臣靖国神社を参拝して注目を集めました。

中国韓国などの近隣諸国の反発が予想される中、
安倍首相が堂々と靖国神社を参拝した理由はどこにあるのでしょうか?

今回は日本の外交トラブルにも発展しかねなかった首相の靖国神社参拝について、
その理由と海外の反応を探ってみました。



2013年12月26日、この日は安倍首相が内閣総理大臣になってから
ちょうど1年が経過した日です。

安倍首相の靖国神社のニュース
速報として様々なメディアに何度も取り上げられました。

NHKのラジオ番組の中でも、繰り返し3回は復唱されていました。




【安倍首相、靖国神社参拝の理由は?】

※一部要約

■参拝への思い■

安倍首相は今回の参拝理由について、インタビューで以下のように語りました。

------------------------------------------

日本のために尊い命を犠牲にされたご英霊に対し、
そして日本人だけではなくて、諸外国の人々も含めて、全ての戦場で倒れた人々に対して、
彼らのご冥福をお祈りしました。

また二度と再び戦争の惨禍によって人々の苦しむことのない時代を作る決意を込めて、
不戦の誓いをいたしました。

残念ながら靖国神社参拝自体が政治問題、外交問題化していますが、
安倍政権が辿ったこの1年の報告のため、この日に参拝することを決めました。

今回の靖国神社参拝は平和への決意表明であり、
諸外国との外交問題については、
中国、あるいは韓国の人々の気持ちを傷つけるという考えは毛頭ございません。

日本国民ならびに諸外国に対しては、
これからも謙虚に、礼儀正しく、誠意を持って説明と対話を求めていきたいと思います。

------------------------------------------




【海外の反応は?】

今回の安倍首相の靖国神社参拝は、
中国や韓国、そしてアメリカなどから厳しい評価を受けています。

これらの国々は安倍首相の靖国神社参拝ニュースからほとんど間をおかずに声明を発表しました。



■中国の反応■

(安倍首相の靖国神社参拝は、)
中国、そして他のアジアの戦争被害国における国民感情を踏みにじるものである。

私たちは歴史と正義と人類の良知に公然と挑戦する日本の指導者の行為に強い憤りを表明し、
日本に対しては強い抗議と厳しい非難を申し入れる。



■韓国の反応■

(安倍首相の靖国神社参拝は、)
日本の過去の植民地支配と侵略戦争を美化するものである。

戦犯たちを祀っている靖国神社を参拝したことに対し、わが政府として慨嘆と憤怒を禁じ得ない。



■アメリカの反応■

日本は大切な同盟国であり友好国です。

しかし日本の指導者が近隣諸国との関係を悪化させるような行動を取ったことに、
私たち米国政府は失望している。



これまでアメリカは日本の靖国神社参拝問題について、
日本を公式に非難したことはありませんでした。

そのため今回、在日アメリカ大使館を通して公式に靖国神社参拝を非難したことは、
とりわけ異例のことでした。




今回は就任1年目を迎えた安倍首相の靖国神社参拝についてまとめました。

諸外国からはとても厳しい声が上がっています。

靖国神社参拝については安倍首相がコメントしているように、
諸外国への説明と対話にさらなる尽力が必要だと思います。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました!




「じゃぱにーずトレンド」の現在までの人気記事ベスト3

①☆猫の島と呼ばれる青島ってどこ?行き方は?宿泊できる?【画像あり】☆
  http://japanese-trend.blog.so-net.ne.jp/2013-10-14

②☆七彩山 中国の秘境!場所はどこ?行き方は?【画像(写真)あり】☆
  http://japanese-trend.blog.so-net.ne.jp/2013-10-26#more

③☆ボイジャー1号とは? 現在地や燃料はどうなっているの?☆
  http://japanese-trend.blog.so-net.ne.jp/2013-09-16



スポンサードリンク


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。